正しい場所の選び方

人が使っている証拠を探す

気になった場所が見つかったら、他の人が釣りに使っていた痕跡を調べましょう。
利用者が多いなら、エサや仕掛けの跡が残っているはずです。
それが見当たらない場所は、あまりおすすめできないポイントだと覚えておきましょう。
インターネットで情報を調べただけでは、痕跡を知ることはできません。
良い場所をいくつか見つけたら、痕跡を探しに実際に訪れてください。
自分の目で紹介されているポイントを見てみるという行為が重要です。
場所によって、自分との相性が変わることもよくあります。
おすすめされているポイントで、必ず魚がたくさん釣れるとは限りません。
相性が悪いと有名な場所でも釣れないことがあるので、きちんと見に行きましょう。

魚の種類を調べておこう

どのような魚が釣れるのか気になる人が多いと思います。
たくさん魚が釣れるポイントだとインターネットで紹介されていた場合でも、個人によって好みがあるでしょう。
好みの魚を釣ることができないと、おもしろさが半減してしまいます。
釣った後に処理をしなければいけない魚の種類が多いです。
処理した跡を見れば、どのような種類の魚が釣れるかある程度把握することができます。
イカやタコなど墨を吐く種類の場合は、墨を取らなければいけません。
その後が残っていれば、そのポイントではイカやタコが釣れるという証拠になります。
釣りたい魚の種類がすでに決まっている場合は、処理の仕方まで勉強しましょう。
それが良いポイントを見つけることに繋がります。